明らかにやってはいけない行為をしても
自分の行為を正当化して、被害者を加害者にしたがる人っていますね。


しかし、謝罪もしない人と言うのは人のことは考えないという人を
ときどき見かけたり出会ってしまったりしますが


そういう人がいくら成果が出ているといっても
説得力に欠けるのではないでしょうか。


アフィリエイトにしても読者のことを考えていないと
成果が出るものも出ないといわれています。


レポートを紹介されれば「ありがとう」は当然ですが
失礼なことを言ってしまったら「申し訳ありません」と
心から詫びる姿勢は大事と言えます。


「こいつは、馬鹿だから誉めてれば許してくれる」



そう考える人もいるわけですがそういう人間には、まず
人間としてのマナーを学んでいただきたいと思います。



僕自身は、そういう謝罪もできない人を
「小学生並」と表現します。


第三者から見ればそれも結構言ってはいけないことですが
頭の良さのことを言っているんじゃないんですね。


そういうことも理解できない人間が
アフィリエイトをするというのは危険な行為と思いませんか?


ほうっておけば、確かに消えていなくなると思いますが
こういう人間がいなくなったところでアフィリエイトのイメージは悪化。



そして、アフィリエイトは、ますます
成果を得られにくいジャンルと化してしまう危険もあるし



そういう勝手な人間に好き勝手にされた揚句の果てに
ブログサービスも規約を厳しくすることもあると言えるのではないですかね。


僕の言いたいのは「アフィリエイトをするな」とは言いませんが
謝罪するところはきっちり謝罪するべきと言いたいわけです。



それもできないなら、ネットビジネスは
やめたほうがいいんじゃないでしょうか?


まず、人を見下すのはやめましょう。


人に言ってはいけないことをいった場合は
「○○だから」という言い訳をする前に謝罪しましょう。


これ大事です。